1. TOP
  2. 【産後の骨盤矯正】はいつからすると良いの?効果的な方法や費用は?

【産後の骨盤矯正】はいつからすると良いの?効果的な方法や費用は?

36438536_l_R

産後は出産前のような理想的なスタイルにはなかなかなれません。

頑張ってダイエットして痩せたとしても、今まで肉がつかなかった場所・・・特にお腹まわりや腰回りに肉がつくようになり、まるで脂肪の浮き輪をお腹につけている様な体型になってしまいます。

そんなスタイルの崩れの一番の原因になっているのが《骨盤の歪み》です。骨盤の歪みによって産後のスタイル悪化が引き起こされているのです。

ですので、骨盤の矯正を行うということがスタイルを戻す最短の近道だということになります。

そこで今回は、産後の体型を戻すために、骨盤矯正とは何か、 いつから取り組めばいいのか、どんな方法があるのか、その効果や費用についてまとめました。

産後の骨盤の状態

18500376_l_R

そもそも、なぜ出産すると骨盤は歪んでしまうのでしょうか。

産後に骨盤が歪む原因は、出産によって骨盤が大きく開くからです。歪んだ骨盤は、産後3~4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、自然に元の状態に戻ります。その時骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠や出産を通してカラダのバランスが崩れていると正常な位置に戻りづらい状態になってしまいます。

また、産後の骨盤は柔らかく動きやすいため、産後3カ月頃に足を組んだり横座り、猫背や片足重心が習慣になっていると、さらに骨盤が正しい位置に戻りにくくなります。

では、産後に骨盤が元に戻らないとどうなってしまうのでしょう?

question-marks-2215_640_R

 

骨盤が元の位置に戻らない状態が長く続くと、骨盤周辺の血流が悪くなるので脂肪の燃焼がスムーズにいかなくなり、太りやすくなってしまいます。産後に異様に下腹が出て、妊娠前のジーンズが入らなくなってしまうのはこれが原因なのです。

他にも慢性的な腰痛、肩こり、むくみ、冷え、また不妊等の婦人科系トラブルにも関係します。

産後の骨盤矯正とは?

26772943_l_R

 

骨盤がきちんとした位置に戻ると、内蔵も正常な位置で機能するので栄養の吸収が良くなります。また、血行が良くなるので基礎代謝も上がり、痩せやすいカラダになります。骨盤矯正をだけですぐに2~3kg痩せる人もたくさんいます。

産後の骨盤矯正のメリット

active-84646_1920_R

  • 新陳代謝が上がり、産後ダイエットの効果がアップする
  • 冷えやむくみなど、女性に多いトラブルの改善が見込める
  • お腹がくびれ、バストアップにもなる
  • 慢性的な腰痛や肩こりの予防や改善につながる
  • 内蔵機能の向上
  • O脚の改善につながる
  • 体型が元に戻りやすくなる

骨盤を正しい位置に戻すことで、疲れにくく、内蔵も正常な位置で機能し、痩せやすい体質に変化することができます。

なぜ痩せやすいカラダになるのかというと、 骨盤が正常な可動範囲の中で動くことで骨盤周りの筋肉の血行が良くなり、基礎代謝が上がるからです。

その他にも、血液やリンパの流れがよくなるのでお肌は明るくなり、代謝が上がることでお肌のキメも整います。

産後という、女性のカラダの大きな変化の時期をうまく利用することで、今まで気に入らなかった部分の体質を改善し、産前よりも健康でより美しくなることができるのです。

産後の骨盤矯正の時期は?

day-planner-828611_1920_R

産後の骨盤矯正を行うのに最も効果的な時期は、産後2ヶ月から6ヶ月の間です。

分娩時に最大に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月をかけ、遅くとも6ヶ月までには、左右交互に少しずつ縮みながら、元の状態に戻ろうとします。

骨盤が元の状態に閉じるまでは、骨盤を結合しているじん帯は柔らかく緩み、骨盤はグラグラの状態です。この時期に骨盤を正しい位置に戻すことで、出産前より健康に美しくなることが可能です。

ここで注意していただきたいのは、出産後、骨盤矯正を始める時期は早ければ早い方が良いのかというと、一概にそうではありません。

自然分娩で出産し、母子ともに健康と判断された場合は、通常産院を1週間程度で退院となりますが、ママのカラダは退院するまでに元の状態に戻るわけではないのです。

少なくとも産後1ヶ月は後陣痛があったり、悪露が出たりと、出産の影響がカラダに残ります。
そうでなくとも産後のママはカラダの中は大きく変化し疲れていますので、産後1ヶ月程度はカラダに負荷をかけないように休養を心がけましょう。

また、産後6ヶ月を過ぎると骨盤はほとんど閉じた状態になり、一度閉じてしまうと矯正するのが大変です。そうなってしまう前に骨盤矯正を開始しておきたいところです。

産後の骨盤矯正の方法

meditation-609235_1920_R

産後の骨盤矯正には色々な方法があります。カラダの回復具合や生活リズムなどにもよりますが、それぞれ目安となる時期や費用をご紹介します。

産後1ヶ月はカラダの回復期なので、骨盤ベルトや産後ガードルで軽めの骨盤矯正から始めましょう。

自分で骨盤体操や骨盤スクワットをする

時期

産後1カ月~産後6カ月

費用

0円

特徴

子育てで忙しくても、少しの時間で手軽に骨盤矯正を行うことができます。悪露が落ち着いた頃から、疲れを感じない程度で始めてみましょう。
日頃から行える簡単な産後の骨盤矯正エクササイズをご紹介します。

骨盤回し

⑴両脚を肩幅に開き、手は腰に当て右回りに7回まわす。この時、上半身と脚は動かさず、腰だけを回しましょう。
⑵左も同様に。
左右7回ずつで1セット、1日に5~10セットを目標にしましょう。

骨盤歩き

①脚を前に出して座り、背筋を伸ばし、手は胸の前でクロスをして固定。
②骨盤で歩くという意識を持ちながら、左右の骨盤で10歩ずつ前に。この時、手で反動をつけず、骨盤のみで歩くように意識すること。
③左右10歩ずつ骨盤で後ろ歩き。
前歩き後ろ歩きで5回で1セットを3セットを目標にしましょう。

産後インナーや骨盤ベルトをつける

時期

産後すぐ~産後6カ月

費用

約1,000円~15,000円

産後インナーの種類は豊富で、代表的なもので骨盤ベルトやガードル、産後サポーターや産褥ニッパーなどがあります。

これらは理想的なボディラインのために、お腹の肉を正しい位置に収めるようにサポートしてくれます。育児をしながらの運動が難しい場合にも、気軽に続けやすいですね。

ただし、使い方を間違えたり使い始める時期が早かったりすると、尿漏れや子宮脱、内臓下垂、腰痛などの弊害を及ぼすことがあります。また骨盤に悪影響を及ぼす可能性があるので、時期ごとに適切なものを選びましょう。

産後インナーベルメゾン_R

出典:BELL MAISON

整骨院や整体院、マッサージで施術を受ける

時期

産後1ヶ月~6ヶ月

費用

一回につき約2,000円~15,000円(通院目安:月4~10回程度)

特徴

産後のカラダは大きな変化が起きていてとてもデリケートです。間違った方法でケアすると骨盤の歪みをさらに酷くする危険もありますので、プロにお任せするのもおすすめです。

託児所がついている接骨院もあるので、予約の際にぜひ相談してみましょう。

整骨院と整体院の違い

整骨院(接骨院とも言います)は、柔道整復師という国家資格免許の取得者が経営しています。

一方整体院は、整体師という民間資格の免許取得者が経営しています。

ヨガやピラティスを行う

時期

産後1ヶ月~6ヶ月程度

費用

一回につき約2,000円~7,000円

特徴

ヨガやピラティスは、カラダの歪みを改善できるだけでなく、基礎代謝を高めることができます。

ヨガ

ヨガにはカラダのバランスを整えるポーズが多く含まれるので、骨盤矯正におすすめです。最近では、骨盤矯正に効果的なポーズを集めた「骨盤ヨガ」プログラムというものもあります。

また、心身のリラクゼーション効果、自律神経を整える効果も期待できます。

ピラティス

ピラティスとは、もともと戦いで負傷した兵士のリハビリのために作られたエクササイズで、カラダの深層部にある筋肉であるインナーマッスルを鍛えられるのが最大の特徴です。
ピラティスでは、骨盤を支える筋肉を鍛え、骨盤の位置を正しい位置に戻す効果が期待できます。

骨盤矯正の注意点

weights-1621273_1920_R

骨盤矯正をすることは大切ですが、出産後のママのカラダはたくさんのエネルギーを使い、傷ついている状態です。以前は産後1ヶ月は”産後の床上げ”と呼ばれ、安静に過ごしカラダを回復させる期間とされていました。家事や育児で忙しいので横になってばかりはいられませんが、決して無理は禁物です。

産後2ヶ月が経っていても、整骨院やヨガなどで外出するときには、めまいや動悸に気をつけ、カラダの状態を見ながら取り組みましょう。

まとめ

hand-895592_1280_R

いかがでしたでしょうか?

産後は生活の全てが赤ちゃん中心の生活になるため、ストレスを抱えるママがとても多いです。

また育児が忙しいため、ママは自分にかける時間がないので、自分のカラダのケアを怠ってしまいがちです。

しかし、忙しいことを理由に、せっかく骨盤が緩んでいる、”これからどうにでもなれる”このチャンスを逃してしまうのはすごくもったいないです!

産後に正しい骨盤矯正をしておくと、数十年後に腰痛が出にくくなるなどの効果もあります。子供に手がかからなくなった頃の将来のことも見据えて、今のうちから可能な範囲で骨盤矯正に取り組んでみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

妊活ららの注目記事を受け取ろう

36438536_l_R

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊活ららの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

木下 あさみ

木下 あさみ

インナービューティーアドバイザー。男の子のママ。自身の重度のアレルギー体験や産後に▲23kgのダイエットに成功した経験から、カラダの中からキレイになることを何よりも大切にしている。『美は健康の上に成り立っている』がモットー。

あわせて読みたい 人気の記事

  • 33876200_l_R

    【完全版】産後ダイエットと母乳育児を無理なく成功させる10の秘訣と芸能人の成功方法

  • 42115446_l_R

    【産後女性のための】アンチエイジングに効く10の食材とキレイになる食べ方10箇条

  • 20054410_l_R

    【産褥体操】って何?産後いつから始めるの?効果的なやり方は?