1. TOP
  2. 妊活におすすめ!冷え性を改善する食材で、不妊を解消!

妊活におすすめ!冷え性を改善する食材で、不妊を解消!

食材

不妊の原因はいくつかありますが、冷えも不妊と大きく関係しているのをご存知ですか?

不妊に悩む人には冷え性の人が多いのです。

冷えで妊娠力が下がるその理由と、冷え取りに良い食材を紹介しますので、是非あなたの妊活にも役立ててください。

冷え性を改善させることは妊娠への大きな一歩に近づきます。

冷え性がなぜ不妊と関係するのか?

冷え

冷え性になると血液の流れが悪くなり、赤ちゃんをつくるために必要な卵巣や子宮に良い血液が行き届かず、栄養、ホルモン、そして酸素が不足してしまうのです。

良い血液が卵巣や子宮に流れないことにより、卵巣機能や黄体機能、着床機能が低下し、その結果、不妊を招くということなのです。

このことから、冷え性を改善させ、カラダを温めることが妊娠するための近道となることがわかります。

隠れたカラダの冷えをチェック

アイス

  • 体温が36度未満である
  • 風邪をひきやすい
  • 便秘気味である
  • 胃腸が弱く、下痢しやすい
  • お風呂から上がってすぐにカラダが冷える
  • 温かいものに触ったときに「気持ちいい」と感じる

一つでも当てはまる人は冷えています。

冷えがカラダに与える影響とは?

♡

妊娠力の低下

女性ホルモンを生み出すためにも酵素が不可欠です。女性ホルモンの分泌が順調でないと妊娠しづらくなり、子宮内膜症などの病気にも罹りやすくなります。

免疫力の低下

免疫細胞とは血液中に多く存在する白血球の事です。

血流が悪くなり必要な場所に白血球が届かないと、免疫システムが働かなくなります。

老化

老化の原因になる活性酸素。その毒性を中和させるにも酵素が必要です。冷えて酵素の活動が鈍くなると、全身の老化の速度がアップします。

また、冷えて皮膚表面の血行が悪くなれば、しわやたるみなどから老いた印象になります。

生理不順や更年期障害

血流の循環が悪くなると、子宮や卵巣に必要な栄養が届きにくくなり血液が臓器内によどんでしまうこともあるため、生理痛や生理不順を引き起こします。

冷えが続くと交感神経の緊張も続くことから、更年期の自律神経失調症も助長することになります。

肥満・メタボ

体内の脂分は冷えによって白く固まり定着します。脂肪が血管内に付着すれば動脈硬化を進める要因になってしまいます。

冷えを改善させることでの妊娠への効果とは?

おなか

卵巣が温まることで良い卵子が作られる

カラダが冷えてしまうと、心臓や内臓など、血液は命に関わるより大切な場所へ集中して送られます。

卵子を作るために必要な卵巣への血液が少なくなってしまうため、卵子が育たなくなり不妊の原因となります。
 
カラダを温めることで、血液を全身に行き渡ることができるため、卵巣にも良い血液が送られ質の良い卵子が作られるようになるのです。

子宮が温まり着床しやすくなる

赤ちゃんをお腹の中で育てるには、温かい子宮がなくてはいけません。

子宮が冷えてしまうと、赤ちゃんを育てることができなくなってしまいます。

それ以前に、子宮が冷えていると精子と卵子がうまく受精したとしても、子宮に着床(妊娠)することが難しくなってしまいます。

運よく着床できたとしても、子宮が冷えていて不健康だと、流産してしまう可能性もあります。

せっかくお腹に来てくれた赤ちゃんを、子宮の冷えのせいでなくしたくはないですよね。

子宮の冷えを改善させ温めることにより、受精卵が着床しやすくなり、フワフワの温かいベッドのような子宮の中で元気に育ってくれます。

すぐできるカラダの冷え改善のための食生活

スープ

冷え対策の基本は、飲み物や食べ物から熱を取り込むことです。

体温よりも冷たいものを飲食すると、カラダが冷えるのは当然です。冷蔵庫に入っていたものは出してから少し時間を置き、なるべく常温以上の状態で食べることが鉄則です。

体内に取り込まれた食べ物は、臓器で消化吸収されて、その際に熱を生み出します。

その臓器の働きを助けるのが、色の濃い食材。

また、寒い地方や寒い時期にとれるものや地下に伸びていく根菜などはカラダを温めてくれます。

反対に、夏野菜や厚い地域でとれる南国フルーツなどは、カラダを冷やします。

カラダを温める食材

色の濃いもの

かぼちゃ

人参、カボチャ、小松菜、ニラ、唐辛子など、緑や赤の色の濃い食材は基本的にカラダを温めます。

白ゴマよりも黒ゴマ、白砂糖より黒砂糖など、白く精製されたものでなく黒い食べ物を選ぶのも効果的です。ただし、黒いですがきくらげはカラダを冷やす食材なので注意してください。

また、赤ワインは冷やして飲むとカラダを冷やすので常温で飲みましょう。

根菜など、地下に伸びる食材

にんじん

カブ、ゴボウ、イモ類など、地下で育つ根菜は、カラダを温めてくれます。ただし大根は例外なので温めてから食べましょう。

温め食材の代表選手であるショウガも地下で育ちます。授乳中のママが食べると母乳に成分が出るので、赤ちゃんの冷え対策にもなります。

寒い地方でとれるもの

ねぎ

基本、寒い地方が原産の食材や、寒い時期にとれる食材は、カラダを温めます。

ネギ、にんにく、レンコン、栗、山芋、くるみ、サケ、ブリ、ニシンなどです。

硬くて身が詰まっている印象があるものは、温め作用があります。一方、白菜など水分の多いものは、冬野菜でも温め作用はないので注意してください。

白湯

湯

朝起きてすぐに飲む白湯は胃腸の働きを活発にし、前日の残留物を温度刺激で排出するデトックス作用があります。また食前に飲めば消化吸収を助け、代謝を上げる効果も見込めます。

★辛味を利かせて良く噛もう

辛味

食事の内容に気を配ったら、食べ方も一工夫してみましょう。辛い味付けは冷えにおすすめです。ただし辛すぎると消化の負担になるため、アクセント程度にしましょう。

また、食べ物はよく噛むことで満腹中枢が刺激され体脂肪が燃えて熱をつくりだします。噛むことでストレスホルモンの分泌を抑制し、自律神経を調整する効果があります。

冷え対策で妊娠しやすいカラダを手に入れましょう!

妊娠

実際「冷えを改善させたら妊娠できた!」というケースは、とても多いのです。

ママは赤ちゃんがお腹の中に宿るために、フカフカベッドのような温かい子宮を用意して待つ必要があります。

赤ちゃんが着床しやすい子宮を作るためにも、お腹を冷やさないよう注意しましょう。

カラダが冷えている時は、手足だけではなく卵巣や子宮などの内臓まで冷えていると思ってください!

冷えを改善させ、妊娠しやすいカラダ作りをしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

妊活ららの注目記事を受け取ろう

食材

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

妊活ららの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

木下 あさみ

木下 あさみ

インナービューティーアドバイザー。男の子のママ。自身の重度のアレルギー体験や産後に▲23kgのダイエットに成功した経験から、カラダの中からキレイになることを何よりも大切にしている。『美は健康の上に成り立っている』がモットー。

あわせて読みたい 人気の記事

  • img_2550_r

    木下優樹菜さんが3人目の妊活について語ってくれました!チーズフェスタ2016

  • 【無料プレゼント】未来につながる妊娠マニュアル

    妊活応援!【未来につながる妊娠マニュアル】無料プレゼント中!

  • ?

    【葉酸サプリ】失敗しない選び方&見極めポイント10選!

  • questionwoman_1016

    妊活女性必見!『妊活サプリ』がおすすめな理由&失敗しない!選び方まとめ

  • 産後ダイエット 無理なく痩せる10の成功法則

    産後ダイエット 無理なく痩せる10の成功法則

  • a-fight_0822

    知ってた?不妊症の約半数は男性に原因が…知っておくべき男性不妊について